セコムでAEDも一緒に導入して人命救助と警備強化を

買うより借りる

女性

日常的に高所作業車を使用する場合には保有している方がコスト的にはメリットがありますが、建設現場のように臨時的に高所作業車を使う場合にはレンタルの方が保管場所も必要がないので保管コストも掛かりません。現実的にレンタルの高所作業車を使用する場合にはバランスが崩れて転倒するケースがあるので、移動時には注意が必要です。作業をする時には必ずストッパーで動かないようにしなければなりません。作業中は作業車のそばには立ち入らないように見張りをつけるかロープなどで入らないようにしなければなりません。高所作業車は走行するのでいちいちすることは大変ですが、それだけ危険があるということですので事故が起こらないように細心の注意を払わなければなりません。

高所作業車が出来て作業が楽になった業務がたくさんあります。建設現場もその一つです。高所作業をする場合には足場を架けなければなりません。高所作業をしなければならない場所ごとに足場を架けて作業が終わると足場をばらします。工場や倉庫などで階数が何階もある場合はそのたびに足場の架けばらしをしなければならないので大変でした。レンタルの高所作業車が使用できるようになって足場の架けばらしの作業が無くなったので作業効率が格段に上がりました。多少レンタル料が高くても充分ペイが出来るほどの効率アップです。足場の架けばらし作業は安全面でも高所作業車で作業を行うより何倍も危険作業なので、作業の安全性という面でも貢献度が大きいと言えます。