セコムでAEDも一緒に導入して人命救助と警備強化を

様々な種類がある

解体工事

高所作業車の昇降方式の種類について

高所作業車のレンタル品には、クレーン式と垂直昇降式の2種類があります。クレーン式高所作業車の特徴として、クレーンみたいなブームにより、起伏や伸縮、浅海ができるようになっていて、ブームの先端に作業床が取り付けられていて、作業者はそのかごに乗って作業を行います。クレーン式の上位機種として、作業床高さ10m以上(運転する資格に作業主任者が必要となる)の機種では、より大きい荷重に対応した機種や、ブームが先端で屈折することで作業高さを確保しつつ、作業半径を大きくできる機種もあります。垂直昇降式高所作業車の機種としては、作業床を昇降させる方式として、マストブーム式とシーザス式のものがあります。マストブーム式はブームが直立しているものであり、シザース式はクロスした支持脚が伸縮するものを言います。以上、高所作業車の構造の違いをしり、必要な機能からレンタルする必要があります。

走行方式の種類について

高所作業車のレンタル品には、クレーン式と垂直昇降式の2種類があります。クレーン式高所作業車の特徴として、クレーンみたいなブームにより、起伏や伸縮、浅海ができるようになっていて、ブームの先端に作業床が取り付けられていて、作業者はそのかごに乗って作業を行います。クレーン式の上位機種として、作業床高さ10m以上(運転する資格に作業主任者が必要となる)の機種では、より大きい荷重に対応した機種や、ブームが先端で屈折することで作業高さを確保しつつ、作業半径を大きくできる機種もあります。垂直昇降式高所作業車の機種としては、作業床を昇降させる方式として、マストブーム式とシーザス式のものがあります。マストブーム式はブームが直立しているものであり、シーザス式はクロスした支持脚が伸縮するものを言います。以上、高所作業車の構造の違いをしり、必要な機能からレンタルする必要があります。